DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま

   発達障がい啓発イベント 四つ葉プロジェクト
    自主映画上映会「DX日々 美んちゃんの場合 」in とくしま


9月22日23日美んちゃんを徳島にお迎えしてDX日々 美んちゃんの場合 」の上映会を開催しました。当日は120名を越える方にご参加していただき賑やかな上映会となりました。今回の映画では、当団体では初めての試みのシンポジウム、きっかけ空間では6団体のブースの設置など発達障がいの啓発を柱にたくさんの団体の皆様にご賛同いただき発達障がい啓発イベント 四つ葉プロジェクトが行われました。


DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま
ふれあい健康館は会場一帯が啓発ブースになりました
DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま
たくさんの方々が来られ、発達障がいの疑似体験をされておられます。
DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま
これは、ヤンセンファーマー(株)さんのバーチャルADHD
DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま
発達障害啓発グループ とくしまキャラバン隊さくらさんの発達障がい疑似体験ブース
DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま
色々な体験ブースがありました。
偶然通りかかった皆さんが足を止めてお話しを聞かれていました。

DXな日々-美んちゃんの場合- 自主上映会 in とくしま
こちらも9月1日は『言語聴覚の日』
徳島県言語聴覚士会ブース

未来の言語聴覚士に 

れもんワークスさんとのコラボが実現!!
作品も素晴らしいし施設長の松前さんのシンポジウムもとてもよかったです。

たくさんの行列が

美んちゃんのユーロデリ支店や

とくしま発達しあわせネットブースでは支援グッズ販売を行いました。

そして美んちゃんが飛行機で徳島に着陸

徳島着陸記念にパシャリ

一部の映画終了後に挨拶

『サポーターな日々 =障がい児・者地域支援活性化ネットワーク=』
さくら小松さん れもんワークス松前さん とくしま発達しあわせネット赤壁
シンポジウムは雰囲気を一番に丸テーブルそしてスーツ×でということをルールに団体紹介と徳島の発達支援や啓発の未来についての話をしました。ばっちりイメージ通りのシンポができました。 

映画のチケットもこん感じ

裏面はディスレクシアの説明が書かれています。

映画2部終了後に美んちゃんトークショーとメイクアップショー

モデルは SHINOHARA RINA さん

舞台下ではカメラがまわっています。
さすが、舞台慣れしてますねー

メディアを通じての啓発を目標にしていたのでNHKさんの取材は
私達の団体の目標達成の瞬間でもありました。

美んちゃんのインタビューは1時間ぐらい行われました。


21日朝刊 徳島新聞 

22日朝刊 朝日新聞 徳島版 
新聞を見て会場に駆けつけた方や初めてディスレクシアを知りましたー。といわれる方もいました。

みんなで作り上げた『発達障がい啓発イベント 四つ葉プロジェクト』
会場にいると啓発の必要性がビシビシと伝わってきます。これは自分達にとっても実際を知る
良い学びの一つです。

次の日。。。

9月23日 『ディスレクシアでも大丈夫』とくぎんトモニプラザ

ちいさい頃のお話しをする美んちゃん

みんなで座談会 教育の話など専門家があつまり
豪華なメンバーで座談会が進みました。

そして24日月曜日・・18:22





世の中をよく変えることができるアイデアを数パーセントの人間が持っていると思えば
『チャレンジしがいがある』
この言葉好きです!!


=上映会について=
美んちゃんの映画上映を決めたのは3月1日で自閉症啓発デイの『ちづる』の上映でバタバタ。。。。してたとき、ポレポレ中野さん(自主映画をたくさん上映をしている映画館)で美んちゃんの映画を発見!!言語聴覚士の血が騒いだのか?いやいや美んちゃんの魅力に惹かれ。。すぐにイメージ・テンさんに連絡。そしてすぐに上映を決定!徳島では発達障がい関連の映画はいつも都会にいかないとみれない。観ることができたとしても封切りから1年ぐらいたってからだ、どんなにイイ映画でもすぐにはみれない。。うちの団体はそんな映画を全国の中でもいち早く上映することこそがポリシーである。そして素晴らしい映画があることを沢山の人に知ってもらう、そして全国に発信していく。発達支援の関係者がこの映画を知ってリレーのバトンのように地方に渡っていく。FACEBOOKやツイッターなどを通じて全国の顔の知らない方々とこの映画を通じて繋がっていくのも魅力だし啓発の一つだ。

=発達障がい啓発イベント 四つ葉プロジェクトについて=
発達障がい啓発イベント 四つ葉プロジェクトでは映画を柱に6つの団体がコラボをして上映会を盛り上げて、団体と団体が交流したことで人と人が繋がり活性化する。団体が交流することでさらに啓発が進みまた新しい取り組みが生まれるかもしれないし、未来を語るステージがあれば元気な支援者達がもっと育ってくるんじゃないかな。。と最近よく思うひとりごと。。

=美んちゃんの才能のお話=
美んちゃんの映画を通して、美んちゃんは魅力のある人というのは言うまでもないけれど、NHKで『世の中をよく変えることができるアイデアを数パーセントの人間が持っていると思えば。。チャレンジしがいがある』この言葉はみんなを奮い立たせるのではないかな。。あえて付け加えるなら、その才能の影には苦労があったからこそであり、苦労から学んだからこそ、その才能に磨きが掛かり、いま花開いているということは忘れてはいけないとつくづく思う。

=上映裏話=
本当の上映日は9月30日でした。そう台風17号が直撃しそうな30日
しかし、会場側の都合で22日に変更してほしい。。と連絡があり22日にそのまま変更
今思えば。。30日は台風は徳島接近で上映会も危ぶまれたはず。。
美んちゃんの映画の2日後にスピルバーグ監督もディスレクシアを公表
そんなことを考えると美んちゃんのもっているものや呼び寄せてくる物はすごいな~とほんと感心している今日この頃な私です。美んちゃんこれからも頑張ってくださいね。また、どこかでコラボできるようにがんばります。

写真は美んちゃんの乗った飛行機


今回ご協力いただいた関係機関の皆様ありがとうございました。
感謝いたします。また、次回もいいアイデアがありますのでよろしくお願いいたします。
                          とくしま発達しあわせネット 赤壁省吾



=======
とくしま発達しあわせネットでは11月26日行った栗城史多さんの発達障がいの啓発イベントの第2回は自閉症を持つ家族を映した映画「ちづる」の上映会を行いました。今回は第3回目として読み書き障害と就労に焦点をあてたドキュメント映画DX日々 美ちゃんの場合 」の上映を9月22日に行います。当日は主演の美んちゃんのトークショーやサポーターな日々として徳島の地域で駆け巡っている障がい児・者地域支援活性化を考えるサポーター(支援者)を集めてカンファレンスも開催します。笑いあり、学びあり、感動ありのお時間を一緒に過ごすことができればと考えています。

9月22日 映画 DXな日々 美んちゃんの場合 
公式ホームページ...http://dxnahibi.com/

2012年9月22日(土 祝日) 場所:ふれあい健康

ところ:ふれあい健康館 ホール (徳島市沖浜東2-16)
チケット:全席自由(200席)
前売一般=1500 円 当日=1800 円
前売小中高=1200 円 当日=1500円
でご入場頂けます。

※定員になり次第、チケットの販売を終了いたします。

~申し込み~
http://my.formman.com/form/pc/jY5NYYvP619JZTyd/


お申し込みをされたあとに返信メールがきます。当日は返信用メールを持ってお越しください。
前売りチケットで購入ができます。

=スケジュール=

9:30 受付開始
上映1部 10:00~11:30 映画『DXな日々ー美んちゃんの場合ー』

11:45~12:30
 『サポーターな日々 =障がい児・者地域支援活性化カンファレンス=』
◯れもんワークス 松前勝洋さん
◯発達障害啓発グループ とくしまキャラバン隊 さくら 小松麻美さん
◯とくしま発達しあわせネット 赤壁省吾

上映2部 14:00~15:30 映画『DXな日々ー美んちゃんの場合ー』

15:40~16:40
☆主演 美んちゃんのトーク会

会場内のきっかけ空間では発達障害啓発グループ とくしまキャラバン隊さくらやヤンセンファーマ(株)
による発達障がい疑似体験ブースや徳島県言語聴覚士会『言語聴覚の日』啓発ブース
れもんワークスのグラスアートの展示会などが開催されております。

主催:とくしま発達しあわせネット
  http://tokushimashiawase.web.fc2.com/
協賛:
発達障害啓発グループ とくしまキャラバン隊 さくら

後援
徳島県教育委員会 徳島市教育委員会 鳴門市教育委員会 小松島市教育委員会 NHK徳島放送局オーティの会 徳島県自閉症協会 発達障害児(者)と親とサポーターの会あおぞら 子育て支援ネットワークとくしま  読売新聞徳島支局 毎日新聞社徳島支局 朝日新聞社徳島支局 徳島新聞社 四国放送株式会社 エフエム徳島 エフエムびざん ヤンセンファーマ株式会社



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
追加!! 9月23日 講師:美んちゃん『ディスレクシアでも大丈夫』

映画上映の翌日23日とくぎんトモニプラザにて美んちゃんによる『ディスレクシアでも大丈夫』のお話し会を開催します。ディスレクシアの人の困りごとと解決法・就職大作戦・職場での仕事術について美んちゃんにお話しをして頂く予定です。ご興味のある方はご参加ください。

日時
H24年9月23日(日)9:30~11:30
場所:とくぎんトモニプラザ4F 会議室2 
参加費:1000円
タイトル
美んちゃん『ディスレクシアでも大丈夫』
講師:砂長宏子(美んちゃん)さん
~申し込み~
http://my.formman.com/form/pc/jY5NYYvP619JZTyd/
**お話し会のみの申し込みの方は映画のチケットの枚数を0枚にしてお申し込みください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

=映画 
DXな日々 美んちゃんの場合 について=
発達障害・学習障害の一種で、読み書きにつまずきや学習の困難をきたすディスレクシア(Dyslexia=難読症)を抱えて成人したひとりの女性・砂長美(び)ん(砂長宏子)さんの日常を追ったドキュメンタリー。外見や知覚、聴覚には問題がないため周囲が障害を認識しずらく、発達障害そのものが一般的に知られる以前に子ども時代を送った美んさんは、周囲からバカにされ、勤め先もすぐにクビになるなど偏見や無理解に苦しみながら生きてきた。しかし、数年前に自分がディスレクシアだということを知り、同じ症状で苦しむ仲間がいることを知った美んさんは、障害に負けずに生きようと自立に向けて歩み始める。

= 読み書き障害(ディスレクシア) について=
ディスレクシアとは、知的に問題はないものの読み書きの能力に著しい困難を持つ症状を言います。
充分な教育の機会があり、視覚・聴覚の器官の以上が無いものの現れた場合に称します。

一般的な特徴

  • 読み書きの困難があります
  • 日本でも人口の5%から8%はいます。欧米では10%から15%と言われています。
  • ぜんぜん読めないのではなく、正確さと流暢さに問題があります
  • LD(learning disabilities-学習障害)というよりは(learning difference, difficulties)とエッジでは捉えています
  • 音と記号である文字をつなげる能力(音韻認識)が弱いです。
  • 記号である文字の形や構成している部分を正しく認識できません。
  • ディス(dys)はギリシャ語の「困難」「欠如」という意味、lexiaは「読む」という意味です。
  • 脳科学、DNA分析などで解明されてきていることもあります
NPO EDGE より引用しました  http://www.npo-edge.jp/
 



上映1部 10:00~11:30 
11:45~12:30
 サポーターな日々 
=障がい児・者地域支援活性化シンポジウム=
上映2部 14:00~15:30 

15:40~16:40
☆主演 美んちゃんとトークショー

ところ:ふれあい健康館 ホール
徳島市沖浜東2丁目16番地

チケット:全席自由(200席)
前売一般=1500 円 当日=1800 円
前売小中高=1200 円 当日=1500円
主催:とくしま発達しあわせネット
発達しあわせネット
問い合わせhattatu.shiawase.net@gmail.com



追加!! 9月23日(日)
日時H24年9月23日(日)9:30~11:30
場所:とくぎんトモニプラザ4F 会議室2
徳島県徳島市徳島町城内2-1 
講師:砂長宏子(美んちゃん)さん
『ディスレクシアでも大丈夫』


映画上映の翌日23日とくぎんトモニプラザにて美んちゃんによる『ディスレクシアでも大丈夫』のお話し会を開催します。ディスレクシアの人の困りごとと解決法・就職大作戦・職場での仕事術について美んちゃんにお話しをして頂く予定です。ご興味のある方はご参加ください。


inserted by FC2 system