発達障がい啓発イベント 四つ葉プロジェクト
    自主映画上映会「ちづる」in とくしま



*4月2日は世界自閉症啓発デーとして国連で決められ4月2日~4月8日までを発達障がい啓発週間として各地でもイベントなどが行われます。とくしま発達しあわせネットでは11月26日行った栗城史多さんの発達障がいの啓発イベントの第2回目として自閉症を持つ家族を映した映画「ちづる」を自主上映いたします。

映画ちづる公式ホームページ... http://chizuru-movie.com/

とき:2012年4月8日(日)
開 場=14:00
上 映=14:30~16:00

疑似体験会 14:00~16:30
 疑似体験①キャラバン隊による疑似体験ブース
 疑似体験②ヤンセンファーマ(株)ADHD疑似体験ブース

  
ところ:ふれあい健康館 ホール
          (徳島市沖浜東2-16)
チケット:全席自由(200席)
前売一般=1,200 円 当日=1,500 円
前売小中高=1000 円 当日=1300円
でご入場頂けます。
チケットは附家書店 松茂、阿南、国府でもご購入できますので。
 レジで 映画 ちづる のチケットとお申し出ください。


※定員になり次第、チケットの販売を終了いたします。

~申し込み~
http://my.formman.com/form/pc/jY5NYYvP619JZTyd/

お申し込みをされたあとに返信メールがきます。当日は返信用メールを持ってお越しください。
前売りチケットで購入ができます。

主催:とくしま発達しあわせネット
   http://tokushimashiawase.web.fc2.com/

後援
徳島県教育委員会 徳島市教育委員会 鳴門市教育委員会 小松島市教育委員会 NHK徳島放送局オーティの会 徳島県自閉症協会 発達障害児(者)と親とサポーターの会あおぞら 子育て支援ネットワークとくしま  毎日新聞社徳島支局 朝日新聞社徳島支局 徳島新聞社 四国放送株式会社 エフエム徳島 エフエムびざん ヤンセンファーマ株式会社


ぴあ初日満足度ランキング1位獲得 赤﨑正和監督作品
1988年横浜生まれ。立教大学 現代心理学部 映像身体学科 2011
年卒。自閉症と知的障害を持つ妹を撮った卒業制作『ちづる』をきっかけに「映像」から「福祉」の道へ進む。現在、都内の知的障害者の福祉施設で働く。

=映画 ちづる について=
劇場公開の予定が決まらないうちにTV、新聞等マスコミでひと際注目を集めている作品がある。立教大学現代心理学部映像身体学科の赤﨑正和が監督したドキュメンタリー「ちづる」。自身の卒業制作として企画されたこの映画は、重度の知的障害と自閉症をもった赤﨑の妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けた、みずみずしくも優しい家族の物語である。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹にカメラで対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築きあげている自分に気づく。作者の精神的な成長がいみじくも映像に刻印されてしまった稀有なドキュメンタリーの誕生。“若さ”が成し遂げた映画の奇跡がここにある。

~自閉症とは~
先天的な脳機能の障害のために、発達期にさまざまな行動特性が明らかになる。人によって障害の現れ方は異なるが、他者とうまくコミュニケーションがとれない、視線を合わせにくい、周りの雰囲気を察した行動ができない、同じ行動や動作を繰り返す、特定の物や場所に強いこだわりがある、といった特徴があげられる。最近ではアスペルガー症候群も含めて自閉症スペクトラム障害という場合が多く、100人に1人程度いると見られている。


       =4月8日 ちづる上映会=

4月8日 国連の定めた発達障がい啓発週間に、とくしま発達しあわせネットでは、自閉症と重度の知的障がいを持つちづるとその家族のドキュメンタリー映画「ちづる」の自主上映会と、発達障がい啓発とくしまキャラバン隊さくらとコラボして、発達障がい疑似体験会を行いました
        
映画「ちづる」自主上映会には、県内のみならず、香川など。。他県からもお越しいただきました。みなさま、ご来場ありがとうございました

そして疑似体験会場には、発達障がいを持つお子さんの"作品展示"や、"自閉症クイズ"
 "見え方体験"  "できない気持ち体験" "バーチャルADHD疑似体験"など様々な
疑似体験ができるブースを設けていました。

とくしまキャラバン隊さくらの疑似体験ブース
     不器用な体験からできない気持ちを理解!!

見え方体験ではペットボトルを使ってシングルフォーカスの疑似体験ができます。


こちらはヤンセンファーマ(株)のバーチャルADHDのブースです。

            
ヤンセンファーマ(株)田口さんは大忙しでした。。。

ぞくぞくと疑似体験をされています。


 みなさんどうでしたか?
気がつくと。。。こんなに長蛇の列が・・・
                                          
スタッフ達は一瞬目を疑いましたが、発達障がいに感心を持って下さる方がこんなに多く居たことを嬉しく思いました。  


絵画展も行いました。どの作品も細かく丁寧に作られていて本当に楽しそうな絵ばかりでした。

たくさんの方が足を止められていました。

これからもこのような作品展を開催したいと思っています。
そして「ちづる」の映画上映会 
 
最後に貴重なアンケートを回収させて頂いたので、報告します。
■今回のイベントは発達障がいを知るきっかけとなりましたか?
「発達障がいを意識する きっかけになった」

「ちづるの映画を観て、家族ならではの愛情と将来への不安が伝わった」

「実際の生活している様子を見て、わかった」


■発達障がいの啓発について
「小・中・高の早い時期に発達障がいを理解してもらうのが良いと思う
 企業は就労への理解を」(20代)

「小さい時から一緒に接することで、わかってもらうのが良いと思う」(60代)

「大人達の障害者に対する態度を見て、子どもは育つ。
 他人を差別する大人を見て、子どもは大きくなり、差別する大人になると感じた」 (学生)


■発達障がい疑似体験会について
「実際に体験してみると、その人の立場に立つことができた」(20代)

「自分が体験して、普通にできないことにビックリしました。」(30代)

「一般の人が勘違いしやすいのがよくわかった」(30代)

今回のイベントにも多くの方々のご協力があり、無事にイベントを終えることが出来ました
みなさま、ご協力ありがとうございました!!
9月22日(土)には DXな日々~美んちゃんの場合~を上映します。http://dxnahibi.com/index.html

読み書き障がいついてはこちらをチェックしてください

また、9月22日も啓発イベントを行いたいと思っていますので、ご興味のある方はぜひ、お越し下さい。

 ちづる 徳島上映会
とき:2012年4月8日(日)
開 場=14:00
上 映=14:30~16:00
ところ:ふれあい健康館 ホール
申し込み
ちずる上映会 徳島
チケット:全席自由(200席)
前売一般=1,200 円 当日=1,500 円
前売小中高=1000 円 当日=1300円
主催:とくしま発達しあわせネット
発達しあわせネット
問い合わせhattatu.shiawase.net@gmail.com




Tweet
戻る

inserted by FC2 system